« その6 | トップページ | いきぬき   2009.11.22 »

その7

ハッスル、キミの存在は本当に有難かったよ。

にいにいが何を考えているのか分からなくて、悩むコトが多かったけど、キミの事ではいつも通じ合えた。ママにとって、キミ=にいにいだったのかな。

今たくさん居るけど・・にいにいとの接点を守りたい事もあるかもね。

でも、にいにいや、ねえねえが動物好きなのは・・やっぱり、ママが好きだから似たんだよねheart

蟻さえ怖がるねえねえなのに、動物園では、皆がこわくて近づけない動物にでも平気でヨシヨシしていたからね~

じゃ、また報告するね・・キミの写真、いざとなったらなかなかなくて・・かわいいのが見つかったら添付するね。

« その6 | トップページ | いきぬき   2009.11.22 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

マーキーちゃんはママさんを最初に救ってくれた猫ちゃんなのですね・・言葉が通じない地での暮らしは大変だったでしょうね・・熱中症はお家の中でもあるのですね・・怖いですね。エアコンの管理が大事ですね。
ハッスルが亡くなったのは10月1日なので気候は良かったのですが、食事や掃除が行き届いていませんでしたから私の管理足らずで殺したようなものです。ママさんもブログに記されておられましたが、自分の至らなさで死なせた子は、ずっと忘れられませんね。でもママさんの場合は私なんかよりずっときちんとされておられたと思いますよ・・ご自分をお攻めになる事はないですよ。土戻しのお話参考になりました。ありがとうございました。

ハッスルちゃん家族の皆様へ幸福を運ぶ使命を
神様に依頼されたのですね。
そして使命を果たしたのでかえったのでしょうか?

先住猫マーキー(ペルシャ)も高齢でしたが突然死でした。

マーキーは単身でアメリカに行き、言葉の通じない国で精神的に参っていた時、クラスメートが気持ちが安らぐからと譲ってくれた子でした。
この子のおかげで今の私があるのです。

マーキーの死因は多分熱中症だったようです。
この年、動物が熱中症で沢山亡くなった年でした。
獣医さんからは症状からして熱中症の様ですが、
最初に行った病院で違う手当を受けた為に
既に手の施し様がなかったと言われました。

お骨は霊園に預けてありますが、来年「土戻し」を
しようと思っています。
最近、東京では動物と一緒に入れる霊園が増えて来ました。両親から反対されたので諦めましたが。

我が子達は本当に立派に使命を果たして私たちに
素晴らしい時間をくれますね。
ハッスルちゃんがご自慢なの分かります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1055791/32305741

この記事へのトラックバック一覧です: その7:

« その6 | トップページ | いきぬき   2009.11.22 »