« 落ち着かず  2010.5.3 | トップページ | 激動ゴールデン休 »

愛らしい目の子リス  2010.5.4

ランを連れて病院へrvcar 目の前に小動物を手のひらに乗せた女性と見守る男性。隣の小さな女の子が、かわいいですね!と話しかけ、女の子に応答しながらご夫婦ゆったりされている。子リスだ。なんて可愛い。 が、 よく見ると、目を見開いたまま・・・ 尋常ではないと思った私は、「症状を言えば、順番を先にしていただけますよ!」「電話で言ったのですけどね・・・」とご主人。奥様は受付へ訴えに。 10分後医師に呼ばれ、診察室へ入られ、数分後に出てみえた。奥様はハンカチを目に当てておられた。とても声掛けられなかった。 足元でランが私を見上げて何か考えている・・・「だいじょーぶだよぉ~」笑顔を見せてやる。 この子を守るのは私だけ。この子のお腹の子を守るのも私だけ。 動物は、特に子供は、いつも観察していなければならない。少しの手遅れで、命を落としてしまうことも多い。 飼い主の観察力は大事だと思う。控えるべき時と控えてはならない時がある。 病院に強い態度で出ないといけない時がある。 守れるのは、飼い主だけ。 ランのお腹の子は生きています。元気です。なくなってしまった子はとけているけれど、今の所はこのままで 大丈夫のよう。

« 落ち着かず  2010.5.3 | トップページ | 激動ゴールデン休 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
突然のコメント失礼します。
昨日こちらのブログを見つけ一通り読ませて頂きました!
直接メールで伺いたい事があるのですが連絡先を教えて頂いてもよろしいでしょうか??
よろしくお願い致します!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1055791/34513037

この記事へのトラックバック一覧です: 愛らしい目の子リス  2010.5.4:

« 落ち着かず  2010.5.3 | トップページ | 激動ゴールデン休 »